ゴールデン・ボーイ 若きNY市警本部長(#1 殺人課初日、#2 報復の代償)★ウォルターVSアロヨのバトル今後どうなってゆくのでしょうか?

ゴールデン・ボーイ 若きNY市警本部長(#1 殺人課初日、#2 報復の代償)。

CHUCK/チャックを手がけたニコラス・ウートン氏がプロデュースするスリルある刑事ドラマですよ~

テオ・ジェームズ扮する警察官ウォルター・クラークがとんでもないスピードで本部長に昇進してゆく様子を過去・現在織り交ぜて描かれた作品です。

若い頃のウォルターの相棒はシャイ・マクブライド扮するドン・オーウェンで、かなり年配のベテラン刑事。彼は仕事に対して真摯に向き合い、冷静沈着にこなしてゆく。どうやらウォルターにはドンの仕事への向き合い方が刷り込まれているようですよ。

ドンと正反対で、どんな手を使ってでも手柄を手中に収めたいのがケビン・アレハンドロ扮すルクリスチャン・アロヨ。アロヨは出る杭は打つと言わんばかりにあの手この手を使ってウォルターを落とし入れようとします。

幼い頃から両親のいないウォルターは妹を守って生きてきました。彼は周りをよく観察していて、状況把握や判断が素早く、弱き者に対して深い思いやりを持った人物のようですよ。リーダーの素質十分ですね。

ウォルターVSアロヨのバトル今後どうなってゆくのでしょうか?

次回も見逃せません~

私的にヒット★★★★★

(※gyao!などで見ることができますよ 注:配信終了している場合があります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 9 =