見えない訪問者 ~ザ・ウィスパーズ~(#12 暗き旅路の果て)★まんまとだまされてしまった、ドリルが本当に乗り移っていたのは○○○○○だった!

見えない訪問者 ~ザ・ウィスパーズ~(#12 暗き旅路の果て)。

ドリルが本当に乗り移っていたのは○○○○○だった!

まんまとだまされてしまいましたよ~

※ネタバレあり

ドリルが本当に乗り移っていた子供はなんとミンクスではなく大統領の娘カサンドラなのでした!

前回『オリオンを見つければ(子供達の)具合が悪いのが治る』というシーンがあり、オリオンって何なのか?疑問でしたが、なんとオリオンは人名でカサンドラのことだったのです!

グローブをはめられ、手錠をかけられて、部屋に閉じ込められるミンクス。

ミンクスの父・ウェスは嘆き悲しみなんとか彼女を助けようとします。

本当にドリルが乗り移っているのかを見極めようとするクレアにミンクスはつっかかるような態度をとります。

最後の砦である実の父親ウェスにも小さい頃パパと一緒に歌っていた歌詞が言えないということで最後には見放され、ついにミンクスは新兵器で殺されることに。

あと2秒くらいで撃たれるという時に、FBI長官の元へホワイトハウスで異変が起きたとの連絡が入り、ミンクスは救出されます。間一髪で助かりましたよ、よかった~

過日のボヤ騒ぎ時、ミンクスがカサンドラの手首に焼けどを負わせたという事件はまったくの誤解なのでした。

実はカサンドラが自ら自分の手首をつかんで焼けどを負ったのです。

女医のマリアを殺したのもカサンドラで、殺害後にカサンドラはマリアが保存したパソコンファイルのテキスト内容を削除し、ミンクスにドリルの疑いが及ぶようミンクスのファイルにアクセスしたかのようなパソコン履歴を残します。

サイラスはカサンドラに脅されてドリルが乗り移っているのはミンクスだと答えていたのでした。

大統領が敵の異性人は既に捕らえ退治したという記者会見を開いたその場で、カサンドラは超音波のような奇声を上げてTVを通して信号を送ります。

クレアやショーンは大変なことになると危惧しています。これはとってもまずいことになりそうですよ~

カサンドラが「クレア大丈夫よ。逃げないから。」と言い放った言葉が不気味です。

ミンクスがまだ4歳の頃にウェスが「怖い時はいつだってパパが助ける」と言い含めていたことが今回現実になりました。誤ってミンクスが殺されなくて本当によかったですね~

カサンドラが送った信号はどこまで誰に届いたのでしょう?気になります。

そしてカサンドラの命はどうなるのでしょうか?大統領の娘ですが、やっぱり退治されるのでしょうか。

今後の展開も見逃せません~

私的にヒット★★★★★

(※Dlifeなどで見ることができますよ♪ 注:配信終了している場合があります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 15 =