ちょっと洋画を観たのでその感想です★観たのは『鑑定士と顔のない依頼人』ですよ★ミステリー、サスペンス要素に人間の悲哀がプラスされた楽しめる作品★

ちょっと洋画を観たのでその感想です^^

観たのは『鑑定士と顔のない依頼人』ですよ。

巧妙な罠にはまってゆくのは鑑定士である主人公のヴァージルですが「えっ、首謀者は○○○だったの!」と観ている私自身も驚かされる作品で楽しめましたよ~

ここまでやるかという程の大仕掛けの罠をかけられるヴァージルを演じているのはジェフリー・ラッシュ氏。

ん~どこかで見た覚えがあるゾ~、そうそうパイレーツ・オブ・カリビアンのバルボッサを演じていた俳優さんです。

(※以下、ネタバレありますよ)

ヴァージルは万人受けしない性格の持ち主のようですが、ここまで嫌われて恨まれるかな~という程酷い痛手を被ります。

恋愛に疎いヴァージルが退職間際に依頼人である若い美女との距離感を次第に縮め恋仲になってゆきます。

絵画の女性を観ることしかできなかったヴァージルはついに念願の生身の伴侶を射止めることになります。

途中、ちょっとストーリーがトントン拍子に上手く進み過ぎてる感がありましたが、ここまで大掛かりな仕掛けだとは思いませんでしたよ。

ドナルド・サザーランド扮する画家になりたかったビリーを中心に美女クレア、恋愛相談に乗ってくれていると思っていたロバートや彼のガールフレンド、そしてクレアの屋敷の管理人など皆ヴァージルを罠に陥れるグルでした。

けれど、クレアはもしかしてはからずもヴァージルを本当に好きになってしまったのではと思わずにいられないシーンがいくつかありましたよ。ヴァージルが暴漢に襲われて怪我を負った時の心配そうな様子や「どんなことがあっても愛している」とハグした時のクレアの表情などからです。心の底からクレアが本当にそう思っているかのように感じられましたよ。

女性をモチーフにした数々の希少価値の高い絵画作品を根こそぎ奪われてしまったことは確かに衝撃的ですが、ヴァージルにとって最もショッキングなのは最愛のクレアが傍に居ないことかもしれませんね。。。悲

ミステリー、サスペンス要素に人間の悲哀がプラスされた楽しめる作品でしたよ。

私的にヒット★★★★★

U-NEXTなどで観ることができます(配信期間が過ぎている場合もあります)。

ちょっと洋画を観たのでその感想です★観たのは『ザ・ブラックナイト』ですよ★全編に渡って味のあるレトロな雰囲気が漂う映像が印象的★

ちょっと洋画を観たのでその感想です^^

観たのは『ザ・ブラックナイト』ですよ。

全編に渡って味のあるレトロな雰囲気が漂う映像が印象的です。

物語が先に進むにつれて脚本家である主人公ベインが殺されるのでは、はたまた彼が犯人に仕立てられるのでは、もしかしてベイン本人が犯人なの?とハラハラのし通しでした。

(※以下、ネタバレありますよ)

そろそろ終わりという頃に、えっもしかしてこの映画のストーリーまるまる全て脚本家ベインの妄想?もしくは夢?と思わざるを得なくなりましたよ~

ベインが医師や刑事からもらう2枚の名刺に不思議と同じマークがついていたような気がしますし、何か違和感を感じます。

ベインが精神病を患っているのかと思ったり、防犯カメラに映っていた女子大生殺害犯の顔がベインのように見えたり、ベインの家の留守電に自分自身がメッセージを吹き込むなど一瞬ベインが犯人ではないかと思ったりしましたが、どうやらそれは現実ではないようです。

ベインは脚本家としてかつて名声を得ています。年月が流れ現在仕事がなかなか上手くいかず家賃を払うのもままならない状況に陥り、思わず悪夢を見てしまったのかもしれませんね~

犯罪には巻き込まれていないようだし、犯人でもなさそうなのはよかったけれどベインの厳しい日常は変わらずツライですね~

追い込まれた脚本家としての苦しみが滲み出た哀愁漂うベイン(ロバート・ミアノ)の渋い枯れた魅力が伝わってきて私的におもしろい作品でしたよ。

私的にヒット★★★★★