キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4(#10 結ばれた2人)★ムムム、これはついにふたりが壁を超えたのかな?

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4(#10 結ばれた2人)。

暗がりの中ベケットとキャッスルが寄り添いながら眠っている冒頭シーン。そして表題の『結ばれた2人』。ムムム、これはついにふたりが壁を超えたのかな?という思いが頭をよぎったのですが、

※少々ネタバレありますよ~

事実は捜査中の事件に巻き込まれただけなのでした~

寄り添って見えたのは、ふたりそれぞれの左手が警察の手錠で結ばれていたから。

しかもふたり共何かの薬を打たれ、ぐっすりと眠らされていたのです。

やっと目覚め、なんとか記憶をたどって、どうやら捜査中の事件の犯人に捕まってしまったようだと悟るベケット&キャッスル。

高い天井の先に開口部を見つけ、手錠でつながったままサーカス団の一員のようなしぐさでベケットがキャッスルの肩の上に乗りなんとか扉を開けたものの屈強そうな犯人に見つかり脱出は失敗。

他の部屋からはアラビア語の話し声、隣の部屋からは何者かの息遣いが聞こえ、隣の部屋には人身売買用の少女が捕まっているのではないかと勘違いし、隣の部屋とつながる壁のもろいタイル部分をふたりで蹴破って救出を試みる。壁に穴が開き隣をのぞくとなんとそこにはお腹を空かせた獰猛なトラがいる。

壁の穴をどんどん広げてふたりに迫ってくるトラ。

武器の詰まった箱の上によじ上りトラから身を守ろうとするが、今にもトラに倒されて食べられそうになるベケット&キャッスル。

ふたりが閉じ込められている部屋の雰囲気が恐怖心をあおるように不気味でありながら、密室でのベケットとキャッスルのやりとりがコミカルで、スリル感と笑いが同時に楽しめましたよ。

キャッスルの「今度(手錠で)結ばれる時もベケットがいい」というセリフも彼らしくていいな~と思いましたよ。

キャッスル、がんばれ!

次回も楽しみです~

私的にヒット★★★★★

(※U-NEXTやDlifeなどで観ることができますよ 注:配信終了している場合もあります)

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4(#9 連続狙撃事件)★ベケットがPTSDに陥ってしまう回ですよ~

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4(#9 連続狙撃事件)。

ベケットがPTSD(Post Traumatic Stress Disorder/心的外傷後ストレス障害)に陥ってしまう回ですよ~

※少々ネタバレあり

ベケットはPTSDで苦しみながらもラストでは克服し、事件を解決に導きます。

ベケットは先回スナイパーに狙撃され瀕死の状態からよみがえった体験をしています。今回の事件によりベケットはPTSDを引き起こしてしまいます。

PTSDの克服には陰ながら黙って支えるキャッスル、同僚の元特殊部隊に所属していて同じくPTSDで苦しんだ経験のあるエスポジートのアドバイスが大きな力となっています。

いつもは頭が切れて的確な言動で事件を解決にこぎつけるベケットが自信を喪失して判断力がにぶり、とても苦しそうにしている様子が妙に新鮮に映ります。普段と違うベケットの様子にいち早く気がつくキャッスルとエスポジートはほんとうに頼りがいのある相棒ですね。

今回ベケットが事件から外れるのでは、と思いましたが、彼女はそんなヤワではありませんでした。早くも困難を克服して以前よりも増してパワフルに犯人に挑む姿にはほれぼれしますよ。

次回も楽しみです~

私的にヒット★★★★★

(※U-NEXTやDlifeなどで観ることができますよ 注:配信終了している場合もあります)

イレブンス・アワー(#17 Olfactus、#18 Medea)★深い絆が生まれたようですが、打ち切りに。。。

イレブンス・アワー(#17 Olfactus、#18 Medea)。

#17では香水の香りが作用して暴力事件や殺人事件が起こるお話し。

嗅覚が刺激されて無意識のうちに生じてしまう衝動的な事件。

実生活の中でもこんなことが起こるととても恐ろしいですね~

#18では、FBI副長官が狙われる事件が起こりますが、この副長官の奥さん役を演じたのはライイングゲームでサットンのお母さんに扮していた女優さんと同じ人です。

そして、FBI捜査官のレイチェルがケガをしてしまいます。生死をさまようケガを負う事で、レイチェルとジェイコブの間にさらに深い絆が生まれたようです。

流れ的に次回の展開が楽しみだったのですが、ドラマは打ち切りになっていた!残念でなりません~

私的にヒット★★★★★

(※gyao!などで見ることができますよ 注:配信終了している場合があります)

見えない訪問者 ~ザ・ウィスパーズ~(#6 対峙)★子供達を操る”ドリル”の影のようなシルエットが見える回ですよ~

見えない訪問者 ~ザ・ウィスパーズ~(#6 対峙)。

子供達を操る”ドリル”の影のようなシルエットが見える回ですよ~

※少々ネタバレあり

ウェスが砂漠から掘り起こした謎の”フルグライト”を自国に運び込むことになります。

ウェスのキュートな娘が見えない”ドリル”と熱心に恐ろしげな会話をしている姿がとても不気味に映ります。ウェスの妻までも自ら”ドリル”とのゲームに参加することになります。

何かに乗り移られたようなショーンがなんと記憶を取り戻しますが、クレアとウェスの関係までも思い出してしまったようです。これで、クレアに対して心を閉ざしてしまい、情報が聞き出せないかも。。。

”ドリル”・”フルグライト”・ショーンにどのような関係があるのでしょうか?

”ドリル”って何者?と益々謎が深まるばかり。次回も楽しみです~

私的にヒット★★★★☆

(※Dlifeで見ることができますよ♪ 注:配信終了している場合があります)

科学的な要素がたっぷり盛り込まれたミステリーが楽しめるリメイク(アメリカ)版のイレブンス・アワー

科学もののミステリーが楽しめるリメイク(アメリカ)版のイレブンス・アワー。

科学的な要素がたっぷり盛り込まれているので、サイエンス・ミステリーがお好きな方も十分楽しめる内容になっています。

クセのある登場人物が魅力。

オタク系(よい意味で)なそぶりがチャーミングなジェイコブ・フッド博士は憎めない存在。演じているルーファス・シーウェルのハスキーなヴォイスや鋭い眼光が印象的です。

常におかしいくらい冷静なFBI捜査官レイチェル・ヤングが時折見せる人間味のある言動も魅力です。レイチェルを演じているマーリー・シェルトンのスタイルの良いこと!ボン・キュッ・ボンなのは、学生時代チアリーダーで活躍していたのも関係しているのかな。

フッド&レイチェル・コンビの謎解きがまた見たくなってしまう1話完結型(謎解きについては)のドラマですよ~

私的にヒット★★★★★

(※gyao!などで見ることができますよ 注:配信終了している場合があります)

見えない訪問者 ~ザ・ウィスパーズ~★なぜか子供の頃流行ったコックリさんを思い出す

今日は見えない訪問者 ~ザ・ウィスパーズ~を。

雰囲気としては、SFっぽいミステリー調なドラマです。

子供としかコンタクトがとれない何者かに子供達がゲームと称して操られ犯罪めいたことに次々関わってゆくスリルのある内容。

スピルバーグ監督もプロデューサーの一員なんだとか。

イントロの音楽と映像がなんともミステリアスで、見ようによって子供が出てくる映像は不気味さも漂っています。

なぜか子供の頃流行ったコックリさんを思い出しましたよ。ホントに動いてると思ってた、懐かしいなぁ。。。

ところで、FBIのクレアの脚が長~い。パンツがよく似合ってうらやましい。

やっぱり謎が多いので次回が気になり、これまた観続けたくなるドラマですよ~

私的にヒット★★★★☆

(※Dlifeで見ることができますよ♪ 注:配信終了している場合があります)