ちょっと洋画を観たのでその感想です★観たのは『鑑定士と顔のない依頼人』ですよ★ミステリー、サスペンス要素に人間の悲哀がプラスされた楽しめる作品★

ちょっと洋画を観たのでその感想です^^

観たのは『鑑定士と顔のない依頼人』ですよ。

巧妙な罠にはまってゆくのは鑑定士である主人公のヴァージルですが「えっ、首謀者は○○○だったの!」と観ている私自身も驚かされる作品で楽しめましたよ~

ここまでやるかという程の大仕掛けの罠をかけられるヴァージルを演じているのはジェフリー・ラッシュ氏。

ん~どこかで見た覚えがあるゾ~、そうそうパイレーツ・オブ・カリビアンのバルボッサを演じていた俳優さんです。

(※以下、ネタバレありますよ)

ヴァージルは万人受けしない性格の持ち主のようですが、ここまで嫌われて恨まれるかな~という程酷い痛手を被ります。

恋愛に疎いヴァージルが退職間際に依頼人である若い美女との距離感を次第に縮め恋仲になってゆきます。

絵画の女性を観ることしかできなかったヴァージルはついに念願の生身の伴侶を射止めることになります。

途中、ちょっとストーリーがトントン拍子に上手く進み過ぎてる感がありましたが、ここまで大掛かりな仕掛けだとは思いませんでしたよ。

ドナルド・サザーランド扮する画家になりたかったビリーを中心に美女クレア、恋愛相談に乗ってくれていると思っていたロバートや彼のガールフレンド、そしてクレアの屋敷の管理人など皆ヴァージルを罠に陥れるグルでした。

けれど、クレアはもしかしてはからずもヴァージルを本当に好きになってしまったのではと思わずにいられないシーンがいくつかありましたよ。ヴァージルが暴漢に襲われて怪我を負った時の心配そうな様子や「どんなことがあっても愛している」とハグした時のクレアの表情などからです。心の底からクレアが本当にそう思っているかのように感じられましたよ。

女性をモチーフにした数々の希少価値の高い絵画作品を根こそぎ奪われてしまったことは確かに衝撃的ですが、ヴァージルにとって最もショッキングなのは最愛のクレアが傍に居ないことかもしれませんね。。。悲

ミステリー、サスペンス要素に人間の悲哀がプラスされた楽しめる作品でしたよ。

私的にヒット★★★★★

U-NEXTなどで観ることができます(配信期間が過ぎている場合もあります)。

ちょっと洋画を観たのでその感想です★観たのは『ザ・ブラックナイト』ですよ★全編に渡って味のあるレトロな雰囲気が漂う映像が印象的★

ちょっと洋画を観たのでその感想です^^

観たのは『ザ・ブラックナイト』ですよ。

全編に渡って味のあるレトロな雰囲気が漂う映像が印象的です。

物語が先に進むにつれて脚本家である主人公ベインが殺されるのでは、はたまた彼が犯人に仕立てられるのでは、もしかしてベイン本人が犯人なの?とハラハラのし通しでした。

(※以下、ネタバレありますよ)

そろそろ終わりという頃に、えっもしかしてこの映画のストーリーまるまる全て脚本家ベインの妄想?もしくは夢?と思わざるを得なくなりましたよ~

ベインが医師や刑事からもらう2枚の名刺に不思議と同じマークがついていたような気がしますし、何か違和感を感じます。

ベインが精神病を患っているのかと思ったり、防犯カメラに映っていた女子大生殺害犯の顔がベインのように見えたり、ベインの家の留守電に自分自身がメッセージを吹き込むなど一瞬ベインが犯人ではないかと思ったりしましたが、どうやらそれは現実ではないようです。

ベインは脚本家としてかつて名声を得ています。年月が流れ現在仕事がなかなか上手くいかず家賃を払うのもままならない状況に陥り、思わず悪夢を見てしまったのかもしれませんね~

犯罪には巻き込まれていないようだし、犯人でもなさそうなのはよかったけれどベインの厳しい日常は変わらずツライですね~

追い込まれた脚本家としての苦しみが滲み出た哀愁漂うベイン(ロバート・ミアノ)の渋い枯れた魅力が伝わってきて私的におもしろい作品でしたよ。

私的にヒット★★★★★

CHUCK/チャック シーズン3(#12:チャック VS 復讐)★いつも守ってもらう側のチャックがサラの命を守る回ですよ~

CHUCK/チャック シーズン3(#13:チャック VS 復讐)。

いつも守ってもらう側のチャックがサラの命を守る回ですよ~

やっとチャック&サラの心が通うようになるのも見逃せません~

※ネタバレあり

ショウは大切な妻がサラのレッドテスト(スパイになるための最終テスト。敵を銃殺しなければならない。)の犠牲になっていたという事実を知ってしまいCIAに恨みを持ちます。

ショウがサラに復讐を果たすと思ったチャックはケーシーに助けを求めたところ、カーネル・サンダース(ファストフードではありませ~ん)に連絡するよう助言されます。

チャックは戦車や飛行機なども伴った大がかりな部隊を引き連れてサラ奪還に向かいますが、早合点だったと気づきます。

ショウは冷静なプロのスパイだと周囲が改めて認識し、サラ・ショウ・チャック3人のチームは任務を続行してゆくことになります。

リングの長官を捕まえる任務の途中でショウがリングの一味とバトルした様子が映った映像を自称格闘家オタクのモーガンが見て、これは闘っていない、おかしいと言い出します。

この指摘でショウはリング側についていると判断したチャックは再びケーシーにサラが危ないと助けを求めます。モーガンの熱い説得に奮い立ったケーシーはとうとうチャックと共にサラ救出へ向かい、結果的にリングの長官を捕まえます。

この成功を交換条件としてケーシーはスパイに返り咲きます。さらに、ケーシーの口添えにより、なんとモーガンも正式なスパイとしてチャック・チームに加わることになりますよ~ちょっと以外でした~

任務のためにパリへ向かったショウとサラですが、実はショウはサラに復讐を果たすために連れて来たのでした。サラがレッドテストのためにショウの妻を撃った場所だと気づいた時、体が麻痺して動かなくなる薬を打たれてしまいます。

ショウがサラを撃とうとした時、インターセクトを駆使しふたりの居場所を探し当て救出に来たチャックはショウを撃ち殺します。チャック、初めての銃撃ですよ~がんばりましたね!

翌日、サラはチャックが命がけで自分を守ってくれたことにとても感動し、チャック&サラはラブラブ・モードに突入します。

やっとチャックの想いを受け入れてもらえてハッピーですが、今後のチャックチームのスパイ業務はどうなるのでしょうか?

またひと波乱ありそうですね~

それにしてもケーシーがスパイに舞い戻ってきてくれてうれしいですね!

さらにモーガンまでもチームに加わることになり、これはおもしろい展開へ期待大ですよ~

次回も楽しみです~

私的にヒット★★★★★

(※gyao!などで見ることができますよ 注:配信終了している場合があります)

ヴェロニカ・マーズ シーズン1(#22:秘密の隠し場所)★大どんでん返しの結末にビックリの回ですよ~真犯人はなんと○○○○でした!

ヴェロニカ・マーズ シーズン1(#22:秘密の隠し場所)。

大どんでん返しの結末にビックリの回ですよ~

とうとう最終話です。真犯人はなんと○○○○でした!

※ネタバレあり

ヴェロニカとパパ・キースの二人三脚でリリー殺しの犯人は自首したクーンツではないと暴き、新聞紙上で発表します。

ダンカンは両親にリリーを殺害した犯人を教えるよう激しく詰め寄り、父親のジェイクからダンカンがリリーを殺したと告げられショックを受けます。

ところが、ヴェロニカは事件当日のアリバイが崩れたことからローガンが犯人ではないかと疑い始めます。ローガンは家宅捜索を受け、警察に任意同行を求められて尋問を受けますが、密告したのは信頼していたヴェロニカだと知りショックを受けます。

リリーと浮気していたウィーヴィルは真犯人として浮上したローガンに危害を加えようとしますが事なきを得ます。

ヴェロニカはダンカンの家で催されたパーティに浸入して、リリーの秘密の隠し場所である通気孔からテープ3本を発見します。

ダンカンと共にテープの内容を確認すると、そこにはリリー事件の真犯人がバッチリ映っていました!なんと真犯人はローガンの父親アーロンだったのです!そしてプールハウスの盗撮セットはアーロンの仕業だったようです。

リリーには浮気癖がありましたが、アーロンとも親密な仲でした。

ヴェロニカはこの3本のテープをキースの元に早く届けようと車を走らせますが、なんと車の後部席に真犯人のアーロンが潜んでおり、テープを返せと鬼気迫ってきます。

ヴェロニカは機転をきかせ木に追突して車を停め、テープを持って車の外へ脱出します。

明かりの点った民家を発見し助けを求めますが、アーロンがあとを追ってきます。

ヴェロニカは民家の中庭に放置されていた冷蔵庫に閉じ込められ火をつけられてしまいますが、心配して探しに来たキースに助けられます。

アーロンは逃げる途中、大型トラックにひかれてその場に倒れ、ヴェロニカが通報した警察に御用になります。

それにしてもアーロンは自己中過ぎますね。あまりにもローガンがかわいそうですよ~

ヴェロニカとのDNA鑑定を依頼していたキースはヴェロニカに私達ふたりは真の親子だと告げます。本当の親子関係だと知り大喜びしたヴェロニカはダンカンに兄弟じゃなかったよ、と伝えます。

これで、ダンカンの気持ちも落ち着き、ヴェロニカとあらためてよい関係が築けたらいいですね。ダンカンの母親セレステのことが気になりますが。。

ヴェロニカは更正施設を抜け出してお酒を飲んでいる母親リアンを見限ります。リアンは大学資金にしたいと考えていた懸賞金(ダンカンの両親を訴えたりしないというサインをヴェロニカがしたことでもらえることに)までキースから盗みふたりの下から立ち去ります。ヴェロニカには試練ですね~

ヴェロニカの実の母が戻ってきたことで、関係が崩れそうになっていたキースとウォレスのママ・アリシアとの間柄はヴェロニカの計らい(アーロンとのもみあいで怪我を負ったキースに付き添って欲しいと申し出た)でうまくゆきそうですよ。

まさか、真犯人がアーロンだったとは!驚きの結末で十二分に楽しめましたよ~

午前3時頃、ヴェロニカが待っていたとつぶやいて終わるラストシーンでヴェロニカの元を訪れたのは、あの人○○○○かな~?

お酒を飲んで橋の上に立つローガン(ローガンの母親リンの飛び降り自殺を彷彿とさせる)とバイクで通りがかるウィーヴィルのその後がどうなったかも気になりますよ~

私的にヒット★★★★★

(※gyao!などで見ることができますよ 注:配信終了している場合があります)

クワンティコ FBIアカデミーの真実(シーズン1 #11 2発目の爆弾)★テロ犯はサイモン?ではなく、○○○だった?

クワンティコ FBIアカデミーの真実(シーズン1 #11 2発目の爆弾)。

テロ犯はサイモン?ではなく、○○○だった?

○○○も真犯人ではなさそう、では誰~???

※ネタバレあり

2個目の爆弾を探すため、奔走するアレックスとFBIアカデミーの仲間達。

そこへアレックスの弁護士が車にひかれそうになったと興奮気味で現れます。

サイモンが怪しいとアレックス達は彼の元へかけつけます。するとサイモンは手に起爆装置を持ち椅子にしばりつけられていました。気づいた時には何者かに椅子にくくりつけられており、手を離すと爆弾が爆発すると血の気の引いたサイモンが自分は犯人ではないと主張します。ただし、爆破の計画は立てたことは認め、その計画が盗まれたのだと言い放ちます。

アレックスの弁護士は殺されると興奮状態がおさまりません。

サイモンは自作自演ではないかとアレックス達は疑いますが、サイモンではなく弁護士が怪しいことに気づきます。

弁護士は自分も加担したことを白状しますが、自らも犠牲者でただの使い走りに過ぎないと言い張ります。

2個目の爆弾のありかがわからず、アレックス達は必死で推理し、水のあるところ→ボイラー室にたどり着き、爆弾を発見します。

爆弾処理班が爆発する直前に無事阻止します。これで安全とアレックスはサイモンに手を離すよう促します。ところがサイモンが起爆装置から手を離したとたん、どこかで大きな爆発音がして騒然となります。

爆発音がしたのは、なんとFBIの司令室のあるビルでした!ビルはめちゃくちゃに吹き飛んでいます。そこにはFBIの仲間達が大勢いるはずです。

皆の命はいかに、そして真犯人は依然としてわからずじまい。一体犯人は誰なんでしょうか?謎のままですよ、今後の展開も見逃せません~

回想シーンでパーティのシーンが出てきますが、ドレスアップしたアレックスの美しいこと!輝くばかりの美しさで元ミス・インドだったことがうなずけますよ~

私的にヒット★★★★★

(※Dlifeなどで見ることができますよ♪ 注:配信終了している場合があります)

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 第2話 敵と味方【動画配信】

ヴェロニカ・マーズ シーズン1(#21:明かされた真相)★ヴェロニカ・マーズが衝撃の事実を知る回ですよ~やっぱり、そうだんだぁ。。

ヴェロニカ・マーズ シーズン1(#21:明かされた真相)。

ヴェロニカ・マーズが衝撃の事実を知る回ですよ~

やっぱり、そうだんだぁ。。

※ネタバレあり

ヴェロニカ・マーズは1年前に開かれたシェリーのパーティで飲まされたと思われる睡眠薬の出所がローガンだと知り、自分の身の上に起こった真実を探るため、クラスメートに聞き込みを始めます。

本当のにことを知るために真実に迫ってゆくヴェロニカの行動力は凄まじく、精神力は強靭ですね。

真実に近寄り過ぎたため、ヴェロニカは知りたくなかった衝撃の事実に直面してしまうことになります。

どうやらヴェロニカに睡眠薬やアルコールを飲ませたのはローガンの周辺にいるクラスメートの悪ガキ共のようで、ローガンが指示を出したことではありませんでした。

当時ローガンは落ち込んでいるダンカンを楽しませようとダンカンのドリンクにこっそり睡眠薬を入れます。それを飲んだダンカンとほとんど意識のないヴェロニカがゲストルームで出会い間違いが起こったというのが真実でした。しかも、ダンカンは同意の上のことだという認識であるのに対して、ヴェロニカは置き去りにするのは思いやりに欠ける仕業だと涙ながらに主張します。すると、ダンカンは兄弟でありながら親密になり過ぎた結果にショックを受けて立ち去ったのだと思わず水面下の真実をもらしてしまいます。ダンカンがヴェロニカに兄弟であると口をすべらせた様子をダンカンのお母さん・セレステはしっかり側で見ていましたよ、ちよっと不気味ですね~

やっぱり、ダンカンとヴェロニカは兄と妹の間柄でした~そのことでダンカンはとても苦しんでいます。今でもヴェロニカに熱い想いがあるようですよ~

失踪していたダンカンはヴェロニカの探偵調査によって居場所がわかり、懸賞金稼ぎのために(大学資金にしたいと考えている)キースが迎えにゆき、無事自宅に舞い戻ります。

しかし、ダンカンの家へ忍び込んだウィーヴィルを助けるためにヴェロニカが交換条件を出したため大学資金はおじゃんとなりましたよ。

睡眠薬の件については直接ローガンが関わっていなかったことがわかり、ヴェロニカとローガンは仲直りをします。

ローガンがヴェロニカとラブラブで自宅に帰って来たところ、家族との絆を取り戻したいと奔走するローガンのお父さん・アーロンがサプライズ・パーティ(ローガンの時期はずれの誕生会)を催し大勢のクラスメートと共に待ち構えていました。

そこへヴェロニカと熱いキスを交わしながら部屋に入ってきたローガンの姿を見たクラスメートは冷ややかな視線をふたりに送ります。

気まずい空気が流れる中、ローガンはすかさずヴェロニカがガールフレンドであることが気に入らない奴は出て行けと啖呵を切ります。ローガン、めずらしく男らしさ満載です。真っ先にダンカンがその場を去ります。ダンカンには皆と異なる深い想いがあるからね~でもダンカンの新しい彼女が気の毒ですよ~

ローガンはふたりきりになるため、ヴェロニカを静かなプールハウスに誘い込みます。ローガンがドリンクを持ってくるために部屋を出たあと、ヴェロニカは偶然盗撮用の小さなレンズを照明器具の中に見つけて隠し撮りをしていることに気づき、即行でローガンの元から逃げます。その時助けに来てくれたのはちょい悪バイカーのウィーヴィルでした。ウィーヴィルはヴェロニカが窮地に追い込まれると救ってくれる頼りがいのある友人です。お互いに困った時に助け合いができる大切な友達のようですよ。

パパ・キースとウォレスのママ・アリシアとの交際をヴェロニカも応援し始めた矢先に、回復した様子のヴェロニカのお母さん・リアンがキースと共に自宅に帰ってきました。

この大人の恋模様はどうなってしまうのでしょうか~

次回も見逃せません~

私的にヒット★★★★★

(※gyao!などで見ることができますよ 注:配信終了している場合があります)

ヴェロニカ・マーズ シーズン1(#20:最後の切り札)★ヴェロニカ・マーズが友人の依頼を解決に導いてゆく過程で自分の過去と以外なつながりを発見する回ですよ~

ヴェロニカ・マーズ シーズン1(#20:最後の切り札)。

ヴェロニカ・マーズが友人の探偵依頼を解決に導いてゆく過程で自分の過去と以外なつながりを発見する回ですよ~

※ネタバレあり

評判が評判を呼び、ヴェロニカ・マーズは花の女子高生でありながら、探偵調査依頼の案件をいくつも抱えている超多忙な女の子です。

女子トイレ(ここが高校生のナイショ話し的でいい感じですね!)でいつものように探偵依頼を受けて調査を進めますが、そのさばき方がお見事!複数の案件を弟のように仲良のよい親友ウォレスやちょいワル・バイカーのウィーヴィル、若手警察官までも見方につけて上手く巻き込んで指示を出し、電話やネットを使いこなして解決を導き出す様子は手際がよく、凛々しくて見ている方も爽快な気分が味わえますよ~

ヴェロニカにはセレブなダンカンと別れたあと新しいボーイフレンドはいませんでしたが、母親の失踪という共通点があり、母親の捜索を手助けした縁で急接近したローガンとつきあい始めます。

ヴェロニカがローガンと親密になってゆくのは以外な展開~

けれど、友人の案件を片付けてゆく途中で、かつてヴェロニカが巻き込まれた屈辱的な事件に関わる睡眠薬をローガンが調達したと知り、ローガンと距離を置くようになってゆきます。

今のローガンにはヴェロニカがいなければ不安定になりそうな様子なので、今後のローガンの身の上が心配です。

ヴェロニカのパパ・キースも恋多き男性で、新しくおつきあいしているのは親友ウォレスのママであるアリシア。ヴェロニカもウォレスも気まずそうですが、新しい恋が生まれてパートナーとダンスを楽しむパパの姿は微笑ましい限りです。

ヴェロニカは実のお母さんであるリアンをアルコール依存から立ち直るよう自らの貯金を切り崩して施設に入院させるというスゴ技も繰り広げています。この貯金は大学進学のためにヴェロニカがコツコツ貯めたものなんですよ~(過去の回に出てきますよ)

日増しに人間性豊かな大人になってゆくヴェロニカ。

次回も見逃せません~

私的にヒット★★★★★

(※gyao!などで見ることができますよ 注:配信終了している場合があります)

CHUCK/チャック シーズン3(#11:チャック VS 最終試験)★なんとあのチャックがスパイの最終試験に臨む回ですよ~

CHUCK/チャック シーズン3(#11:チャック VS 最終試験)。

なんとあのチャックがスパイの最終試験に臨む回ですよ~

※ネタバレあり

いつもサラやケーシーに守られていたチャックがスパイの試験を受けるようになるとは、なんだか親戚の子が成長してうれしいという気持ちに似た心境になってしまいます。

しかし、最終試験で敵を銃殺しなければならない難関に直面します。

人殺しを良しとしないチャックはどうするのでしょうか?

サラも心配しています。自分自身の最終試験も嫌な思い出だったようです。チャックにはできることなら最終試験は受けさせたくないようです。

ここへきてスパイを解雇されて民間人になったケーシーが頼りになります。チャックが敵を撃ったと見せかけてケーシーが撃ち殺してくれたのです!ケーシー、さすがです。でも、このことはふたりの秘密となりますよ~

チャックはサラに一番大切な人だと再度想いを打ち明けますが、なかなか応じてくれないようです。ふたりの恋路はいかに~

新しいインターセクトによりチャックが軽やかに敵を打ち負かしてゆくアクションは華麗で爽快ですよ。

チャックのスパイ人生、サラとの関係どうなってゆくのでしょうか?

次回も見逃せません~

私的にヒット★★★★★

(※gyao!などで見ることができますよ 注:配信終了している場合があります)

リッパー・ストリート:(シーズン2)★シーズン1がおもしろかったので、引き続きシーズン2を見始めたところ止まらない~

リッパー・ストリート:(シーズン2)。

シーズン1がおもしろかったので、引き続きシーズン2を見始めたところ止まらなくなって一気に観てしまいましたよ~

※ネタバレあり

シーズン1よりさらにそれぞれの人間模様が深く掘り下げられおもしろくなってゆきます。

スーザンは借金で窮地に追い込まれます。

ジャクソンはスーザンを助けようとしますが投資に失敗してスッカラカンになり、しかもスーザンの有り金をはたいたことから彼女に見放され、館を追い出されてしまいリードの家に居候することに。

そこへ、音信不通だったジャクソンのお兄さんダニエルがくすねたダイヤを携えてアフリカから舞い戻ってきます。この高価なダイヤがキーポイントになりますよ~あっ、兄のダニエルも医学部で勉強していたことがあるので、ジャクソンと共に検視する場面が出てきますよ~兄弟と言っても外見は正反対なふたりです。

ドレイクはなんとベラ(ローズの同僚)と結婚し、めでたく夫婦になっています。しかし、ベラにはどっぷりとあやしげなカルト宗教にはまり、そのカルト教団のリーダーの妻で、ふたりの間に子供までいたという過去があります。このことはドレイクには秘密でしたが、ついに知られてしまいます。カルト教団の集団自殺はリード達により食い止められたものの、ベラはローズの身代わりだったと誤解してドレイクの前で自ら命を絶ちます。このことに激しくショックを受けたドレイクは失踪し、助けようとするローズまでも拒絶します。そこはかとなく哀愁が漂うドレイクにはなんとか幸せになってもらいたいものです。

その後ドレイクは不可思議な死体を発見してリードの元に帰ります。

警察のボクシング大会で宿敵シャインとドレイクが対戦します。ドレイクはにっくきシャインにとどめをさしませんでしたよ~リードが思わず「殺せ!」と叫んでしまったのもうなずける程ヤな奴なのですが、そうか~ドレイクはラストの一撃はこらえたのね、という感じで試合は終了しました。

ところで、リードの部下フライトは良心の呵責か、シャインの手下であることを打ち明け、シャインがヒンチクリフとメリックを殺害したことを告白します。

そしてリードはどうやら女性がウィークポイントのようですね。今回はコブデン議員と恋仲に。リード氏は聡明でしっかりとした女性がお好みのようですよ。

8話でジャクソンの協力の下リベンジに成功したスーザンが見ものです!息も絶え絶えで死に行くダガンに向かって「○○○○○」と言い放つスーザンの姿を見てすっきりしてくださいね~爽快ですよ♪

イギリスBBC制作ドラマ。

私的にヒット★★★★★

(※U-NEXTやgyao!などで観ることができますよ 注:配信終了している場合もあります)

リッパー・ストリート シーズン2 第2話【動画配信】

ベッドラム(BEDLAM):(シーズン2)★ストーリーがおもしろく、謎を解き明かしたくて一気に観てしまいましたよ~

ベッドラム(BEDLAM):(シーズン2)。

ホラーは苦手ですがまだまだ暑さが残る日が続くということもありチャレンジしてみました。

この作品はストーリーがおもしろく、謎を解き明かしたくて一気に観てしまいましたよ~

※ネタバレあり

幽霊が見えてしまうエリーはとうとう仕事をやめ、フィアンセとも別れてエリーと同じ体験をしているジェドを探すためにベッドラムを訪れます。

ベッドラムはブライトモアと名前を変えてイメージ刷新を図り居住者をやる気満々で募っている最中でした。

エリーは居住希望者と間違えられ建物内をベッドラムの所有者ウォーレンの部下ダンに案内してもらいます。

ちょっと歩き回っただけで幽霊が見えてしまうエリー。

ジェドは残念なことに亡くなっていました。

ウォーレンの娘であるケイトはタイから舞い戻ってきており、ジェドのことに触れたがらないそぶりを見せます。

ケイトは再びベッドラムを離れる日何者かに殺されてしまいます。

エリーはしばらくベッドラムに滞在することになります。

その間に苦悩する幽霊に次々と出会い、彼らの望みを叶えるという形を取ります。幽霊達はそれぞれ怒りを溜め込んでいるのでオドロオドロしい雰囲気がこれでもかっというくらい漂っていますよ~

エリーが仲良くなったベッドラムでバーテンダーを務めるマックスはベッドラムの怪奇現象をホラー・ストーリーとしてブログに綴っており、このブログがウォーレンやダンの怒りに触れます。

マックスはエリーのために一旦ブログをやめながらも復活させ、その内容を見た部外者がお化け屋敷感覚でベッドラムに訪れ黒ミサを行ったところ幽霊にこらしめられる一件が勃発したりします。

傷心のエリーはついプレイボーイのダンと一夜を共にし(マックスがかわいそう。。。)、なんと身ごもってしまいます。けれど、すぐさまひとりで堕胎します。(この展開凄まじいですね~)。

ダンはウォーレンに「あなたの息子だ」と打ち明けます。

エリーの体にある印はベッドラム関係者の証であり、かわいらしい少女の幽霊イブはエリーの幼い頃の自分自身であることがわかります。

エリーの夢の中に出てくるスキンヘッドの男の頭にもエリーと同じ形の印があります。のちに、スキンヘッドの男の名はジョセフとわかります。

エリーは命を狙われていますが、狙っているのは、この世にいないはずのエリーの○○○○です!そして、ジェドはなんとエリーの○○○○でした。ぜひ、ラストシーンで唸ってくださいね~

イギリスBBC制作ドラマ。

私的にヒット★★★★★

U-NEXTやgyao!などで観ることができます(配信期間が過ぎている場合もあります)。

ベッドラム シーズン2 第2話【動画配信】